成年後見(法定後見・任意後見)は神奈川県川崎市の針尾司法書士事務所にお任せください。

〒211-0025 神奈川県川崎市中原区木月1丁目32番3号 内田マンション2階 

お電話でのお問合せはこちら
050-3551-8010
受付時間
9:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

お問合せは24時間お気軽に!

お知らせ

New
10月20日(土)13時ー15時
電話による無料相談(事前予約制)を行います。お1人様30分になります。
⇒ご予約はお問合せフォームよりお願いします。

法定後見と任意後見の関係

法定後見と任意後見の関係をご理解ください。

ここでは法定後見と任意後見の関係を説明させて頂きます。

  • 法定後見(成年後見・保佐・補助)任意後見とはなにが異なる
  • 法定後見(成年後見・保佐・補助)任意後見同時に利用できないの
  • 法定後見(成年後見・保佐・補助)任意後見はどちらが優位なの
  • 法定後見人(成年後見人・保佐人・補助人)任意後見人権利義務は異なるところはあるの
  • 法定後見(成年後見・保佐・補助)任意後見では申立て手続きはことなるの

どちらの制度が良いという訳ではありませんが、ご本人様の考え方や財産状態、親族関係などを考慮して判断されることになります。

任意後見も法定後見も、いずれも本人の判断能力が低下した場合に、第三者の援助によって本人の保護を図ろうとする点では共通です。

任意後見は、本人が契約締結に必要な判断能力を有している間に、将来、自分の判断能力の不十分な状況になった時における後見事務(財産管理や身上監護)の内容を後見人になる人(任意後見受任者)と、委任契約を締結することにより決めておく制度になります。

法定後見は、すでに判断能力が不十分な本人について、その人の親族等の申立により、家庭裁判所が選任した成年後見人等が、本人の財産管理や身上監護など、法定の権限にもとづいておこなう制度になります。

法定後見開始後は任意後見契約の効力はどうなるのでしょうか。

法定後見開始後の任意後見

法定後見人(成年後見人・保佐人・補助人)の開始がなされている場合、当該法定後見を継続することが本の利益のために特に必要である時を除いては、任意後見契約が登記されている場合、家庭裁判所は、原則として任意後見監督人を選任することはできます。

この場合、任意後見人法定後見人の権限の抵触を防ぐ趣旨から、後見開始の審判は取消されます。

任意後見開始後の法定後見はどうなるのでしょうか。

任意後見開始後の法定後見

 

任意後見監督人が選任されて本人との間の任意後見契約が発効し、任意後見人の事務が開始した後でも、本人の利益のために特に必要がある場合は、任意後見人は、家庭裁判所へ法定後見開始の審判を申し立てることはできます。

本人が法定後見(成年後見・保佐・補助)の開始の審判を受けたときは、法定後見が開始して任意後見契約は終了します。

「本人の利益のため特に必要がある」場合とは、諸事情からして任意後見契約の代理権の範囲では不十分で必要な法律行為が行えなかったり、任意後見人の報酬が高額すぎるなど、任意後見契約によることが本人保護に欠ける状態になることを意味すると解されています。

例えば、本人の自宅やアパートを処分して老人ホームへの入居を考えなければならない状況にもかかわらず、任意後見契約ではそのような不動産の売却や介護施設の入居契約の権限までは明記されていない時などです。

判断能力の低下した本人が消費者被害にあわないためには同意権取消権による保護も必要になります。

任意後見制度では、任意後見人に代理権が付与されるだけで取消権等は付与されません。本人の行為能力も制限されないので、判断能力の低下した本人は契約主体になることができ、消費者被害にあったりするおそれがあるのです。

家庭裁判所は、後見開始の審判等をおこない、成年後見人等を選任するものと考えられます。

成年後見人等が選任された場合、既に契約の効力が発効していた任意後見契約は終了します。

なお、任意後見監督人が選任される以前であっても「本人の利益のために特に必要である」と認められるときは、家庭裁判所は法定後見開始の審判等を行うことができます。

この申立は、民法の定める申立権者のほか任意後見受任者も行うことができます。

任意後見監督人選任前に、法定後見開始の審判等がされたときは、既存の任意後見契約はそのまま存続することとされています。

まずはお気軽に無料相談(電話・メール)をご利用ください!

お電話でのお問合せはこちら

050-3551-8010

お電話がつながりにくい時はお問合せフォーム・メールにてご連絡ください。

お問合せフォーム・メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:9:00~18:00
定休日:土曜・日曜・祝日

業務エリア神奈川県東京都埼玉県千葉県

代表者プロフィール

針尾昭司

公益社団法人成年後見センター・ リーガルサポート会員

大学法学部、国家公務員、司法書士法人勤務を経て現在に至ります。

ご連絡先はこちら

成年後見(法定後見・任意後見)専門家司法書士
針尾司法書士事務所

お電話でのお問合せはこちら

050-3551-8010

電話のつながりにくい時は、お問合せフォームよりご相談ください。

住所

〒211-0025
川崎市中原区木月1丁目32-3  2階 
業務エリア神奈川県東京都埼玉県千葉県